S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | | -|
お知らせ
いつも見ていただきありがとうございます。

不妊治療をきっかけにはじめたブログですが、
出産を終えてからもそのまま続けていました。

タイトルも合ってないしそろそろ区切りをつけたいと思います。

不妊治療〜出産まではこちらのブログに残し
子育てからは別ブログに引越します。

これからもどうぞよろしくお願いしますm(_ _)m



| ●自己紹介その他 | 23:13 | -|
出産してから読んだ本

出産してから読んだ育児関連本です。
殆どは図書館で借りて、図書館にないものはヤフオクかアマゾンで購入してます。







【感想】


【感想】


【感想】


【感想】


【感想】


【感想】赤子の写真がいっぱいで楽しめた。


【感想】ちょっとありきたりなかんじでした。


【感想】がんばってるなぁというかんじ。参考になることもあり。


【感想】参考になった。


【感想】母乳パワーはすごいな。


【感想】これはおすすめ。借りて読んだ後購入した。


【感想】産後の乳垂れ画像が衝撃的だった(笑)


【感想】ぱらぱらっと読んだだけ。


【感想】部分的に読んだけどなるほどというかんじでした。


【感想】いまいち。


【感想】日記ですね。ふ〜んと読みました。


【感想】知らなかったことなどあり、参考になった。


【感想】同じ事の繰り返し。もう少し薄くまとめたらいいのに。


【感想】情報が古かった。


【感想】語りかけることがいいってことはわかった。


【感想】わかりやすかった。改訂版があれば欲しいかも。


いつも応援&クリックありがとうございますm(_ _)m
 にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ




| ●自己紹介その他 | 21:00 | -|
妊娠してから読んだ本
妊娠してから読んだ妊娠関連本です。マンガ多し。
殆どは図書館で借りて、図書館にないものはヤフオクかアマゾンで購入してます。


【感想】ちょっと先走りすぎましたorz また時期がきたら借りようと思います。


【感想】基本マンガですが、何気に知りたかったことが書いてあったので結構参考になりました。


【感想】これって脚色だよねぇ?と思いつつも「気持ち悪い子供だなぁ、男の子ってみんなこんななのかな・・・」と微妙な気分になった。1巻でリタイア。


【感想】おすすめです。ベビーグッズについて全くわからないので、この本と楽天レビュー・アマゾンレビューを読みつつ購入しています。妊娠関連で読んだ本の中では一番活躍しています。


【感想】左2冊はパラパラと見ただけです。命名風水は、命名についてはフーンだったのですが、「強運になる赤ちゃんの部屋づくり」「ベビー服の選び方」など他の付録的項目になっている内容が参考になりました。


【感想】名前に悩んでる方、字画が気になる方におすすめです。私が借りたのはこれより古い方だったのですが、この本はとても参考になって良かった。実は名前に使わないほうがいい漢字や具体的な名前の付け方が書かれています。この本とWebの安斎流無料姓名鑑定と併せて考えてほぼ決まっています。


【感想】著者が子供嫌いなのに妊娠したという背景もあり、なんかこの人の赤さんが可哀想になってしまった。レビューによるとその後著者の心に変化が見られるようですが、まぁどうでもいいので1巻でリタイア。


【感想】これはかなりムカついたので読まないほうが吉。妊娠を薄々気づきながらも連日多量の飲酒。妊娠発覚でお祝いと称して多量の飲酒で泥酔。結局妊娠期間中で禁酒できたのは2週間だけ。更に出産翌日から飲酒しながら授乳など、全く何を考えてるんだか…。そのくせ病院での出産は機械的で赤ちゃんが可哀想だの言っている。飲んだくれ妊婦に言われたくありません。人間性を疑います。


【感想】アマゾンでは高評価でしたが、私と夫にはいまいちでした。マンガでわかりやすいけど子育ての実用書ではなく精神論で、夫に向けて夫婦の協力がいかに大事かを訴えているかんじです。

   
【感想】実用的な部分もあり良いことが書いてあるのだけど、どうも私は翻訳本って苦手で頭に入りにくいです。日本とは環境が違うので新鮮な部分はあり。前半パラパラ読んだ。

  
【感想】とにかく分厚い!!身体や心の変化・対処法が月毎に詳しくのっています。ペラペラ見ただけ。


【感想】リラックマ好きなので読んでみました。淡々としたかんじに好感を持ったのと、「里帰りできるっていいなぁ。」と里帰りに憧れました。自分が読んだ妊娠マンガの中では共感できる部分がいちばん多かったかも。


【感想】ご夫婦(伊藤理佐&吉田戦車)それぞれがマンガで育児を表現。同じ日常なのに観点は違うものだな〜と思いつつ読みました。結構面白かった。


【感想】さくらももこの妊娠出産エッセイ。個人的にあまり好みではなかったのではじめの数篇だけ読んで止めました。


【感想】2003年に発売されたというだけあって時代を感じられる本。アマゾンレビューにゲラゲラ笑えるとあったけど、私にはツボがよくわからなかった。

※このページは今後も(妊娠本を読み次第)更新予定です。

いつも応援&クリックありがとうございますm(_ _)m
にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠後期へ にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精から妊娠へ




| ●自己紹介その他 | 19:50 | -|
【23w0d】妊娠してから気をつけていること
悩ましい内容なのでブログで書こうかどうしようか迷っていたのですが、私は知って良かったと思ったので書くことにしました。
記事を読んで気分を害されてしまったら申し訳ありませんm(_ _)m

私は去年10月に妊娠して、その後つわりのため横になってかなりの時間ネットを見て過ごしました。主に妊娠についての情報をブログやらニュースで読んでいくうちに、「これって気を付けないとやばい?」と思いはじめました。

まず、これ↓
妊娠中の胎児と成人男性と比べた放射能リスク

参考URL YouTube"放射能はいらない"

胎児〜乳児は大人の100倍くらい感受性が強いため、同じ1ベクレルの食べ物を摂取しても、胎児〜乳児では100ベクレルの食べ物を摂取したことになります。※妊娠初期は更に放射線に感受性が高すぎるために妊婦が被曝により流産してしまうとのこと。被曝した卵子は妊娠しにくくなるそうです。


でも出回っている食品は基準値内だし安全なのでは・・・と思いきや、震災後に改訂された日本の基準値は驚くほど高かったorz
→世界もおどろく日本の基準値2000ベクレル


スーパーなどで売られている牛乳に、どの位のセシウムが含まれているか測定したデータを見てビックリ。この結果を知るまで該当牛乳をほぼ毎日飲んでいたorz
→測定結果報告1 【牛乳について】


乳製品では、カッテージチーズ・バターは製造工程で放射能がかなり除去されますが、濃縮されるのがホエイ(ヨーグルトの上澄み)、脱脂粉乳なので原料の選択に注意が必要です。
牛乳の安全性が不透明なので、ヨーグルトは絶対安心だと思える牛乳とヨーグルトで自作するほうがより安心。市販のヨーグルトを食べるときは、乳清をしっかり水切りしてから食べたほうがいいそうです。(牛乳に含まれている放射性物質の90%以上が乳清に移行する)


妊婦の方や子育て中の方に是非一度目を通してほしいサイト
→妊婦や子育てをする予定の方が知っておくべき基礎知識
◆一部抜粋◆
年齢が低いほど放射線に対する感受性が高い:
『年齢が低いほど放射線に対する感受性が高い理由は、細胞分裂が盛んだからです。』
『細胞が分裂しているときに放射線を照射すると、DNAに傷がつきます。すると、細胞はDNAの傷を治すために、DNAの合成をいったん止める。止めた後で修復を行い、それからまたDNA合成を始める。』
『細胞分裂が盛んなほど、合成を止めなくてはいけない頻度が高くなるわけです。止めて治して、止めて治してという頻度が高いと、その過程で修復ミスが必ず起きます。胎児や乳幼児のように、細胞分裂が盛んなほど、被曝の影響は大きくなるのです

妊婦が放射能に汚染された食物を食べた場合の影響:
妊娠中に放射性同位体が体内に入ると母体を通じて胎児に届き、心臓、肺、甲状腺、脳とすべての細胞、免疫系統にもダメージを与えたのです。こうした子どもたちは未熟児で生まれつき健康状態が悪く、死産の率も非常に高く、これは被曝がもたらした結果です。

放射能被曝は晩発性障害のためすぐには健康に影響が出ず数年から数十年後 そして次世代への影響が続きます。チェルノブイリ原発事故による被害が大きかったベラルーシでは、事故の5年〜10年後から子どもの甲状腺がんの発症率が急上昇してパニックになったそうです。

チェルノブイリ原発事故から26年経過した今も被害は進行しており、ウクライナの某地区の人口は1/3減り、 国の人口は13%減り、寿命は10年縮まり回復の兆しはないそうです。
→ウクライナとベラルーシの人口変動、激増する死亡と激減する出生
→東部ルーマニアにおける小児白血病とチェルノブイリ事故による子宮内被曝との関連

事故後、無防備に生活していた人の多くが被曝し苦しみました。そんな惨事を学んでいない日本がどうなってしまうのか心配です。

↓↓読みやすいです。(pdf)↓↓
→放射線被曝から子供を守るために
低線量内部被曝から子供を守るために



   お付き合いいただきありがとうございました。  


いま私のお腹には"放射能の感受性が最も高い胎児"がいて、順調にいけばこれから出産・育児を迎えます。
無事出産した後は子供の健康に責任を持ちたいし、高齢ゆえに子供と過ごせる限りある時間を考えると、少しでもリスクを減らして夫婦ともに健康を保っていきたいです。とはいえ自分に甘くてなかなか理想通りにはできてませんが・・・ストレスにならない範囲でがんばろうと思います。

事故から2年が汚染のピークと言われ、事故から10年〜が病気発症のピークと言われています。また、体内へのセシウム137の蓄積は、94%は食品から、5%は飲料から、1%は呼吸からと言われています。

危険か安全かの線引きはご自身の判断ですが、摂取量が多いお米・移行率が高いキノコ類・お茶・ヨーグルト・魚貝類などについては、少しでも安全の選択をしていただけるといいなと思います。

この内容が全て杞憂であったと笑える日が来ますように。


   お付き合いいただきありがとうございました。  

その他、参考にしてるサイトです。興味がありましたら見てみてください。
風向きマップ
全国の放射線量マップ
OKフード
【安全】放射能汚染されていない食べ物【安心】まとめ
【放射性物質】安心して食べられる外食の店は?
あなたなら食べる?食べない?食品判定スレ
これからのくらし@おいしいたのしいくらし
・内部被曝の恐怖 「何ミリシーベルト以下なら大丈夫」はウソ
・nanohana/放射線についての情報
・1日10ベクレルの食事がもたらすもの
・農林水産省/農産物に含まれる放射性セシウム濃度の検査結果(随時更新)
・ウィキペディア/チェルノブイリ事故との比較
・NHKスペシャル 知られざる放射能汚染〜海からの緊急報告〜を見て
・ベクまる


いつも応援&クリックありがとうございますm(_ _)m
にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠中期へ
にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精から妊娠へ

| ●自己紹介その他 | 13:22 | -|
【D8】今度は水道水
今度は水道水の中に放射性ヨウ素が...と騒がれていますが、一時的なもののようで翌日には数値が落ちてきて良かったです。このまま数値がどんどん増えていったらどうしたらいいんだろうって、ちょっと怖かったです。

乳児は水道水を飲まないようにという速報が流れた後、テレビで専門家やらの人達が「妊婦の方も水道水を飲むのは控えてください。」と言っていましたが、夜の別の番組では妊婦の人も飲んでも健康に差し支えありませんと言っていました。そう言われても妊婦さんだったら極力飲みたくないだろうなぁ…。

スーパーでの水の買い占めぶりも凄かったです。
店員さんが水のケースを運んできて人がわらわら集まっている中、老夫婦が我先にとカートにガシガシ5ケース積んで「これ以上は買い占めになるから止めよう。」なんて言ってました。

ぱっと見た限り、お水のケースを積んでいるのは老夫婦が多かったです。孫のために買ってるのかもしれないとはいえ、お店側で数量制限をしてないと本当に乳児のいる家庭まで行き渡らないのではと心配になりました。放射能未検出のうちの地域でさえこんな騒ぎなので、該当地区はもっと凄かったんだろうなぁ。

ちなみに日本の水道水の放射性物質の安全基準値(乳児)は100ベクレル以下と発表されていましたが、whoだったかの安全基準値(乳児)は10ベクレル以下と聞きました。何故か日本の基準値は10倍もあるんですね。※日本の基準値は震災直後に10→300に変更されていたそうです。国民のパニックを減らすため??正確な情報を見極めるのって難しいなと思いました。

日本産科婦人科学会のHPに被爆関連のQ&Aがありました。

福島原子力発電所(福島原発)事故のために被曝された、あるいはそのおそれがある妊娠中あるいは授乳中の女性のためのQ&A

ちなみに、被爆すると甲状腺がんの発症率が高くなるそうですが、40 歳以上では被曝しても発症率は高くないらしいです。

今周期、移植するかどうかはまだ決まっていません。
余震も計画停電も落ち着いてきているし、出来るだけ移植したいという気持ちになっています。

にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ
にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ


| ●自己紹介その他 | 11:35 | -|
【D4】放射能の影響/移植は延期?
東日本大震災の想像を絶する被害に驚いています。
命がけで原発の作業にあたっている方々、被爆のリスクを負いながら被災地にボランティアに向かう方々、頑張っている皆様に、本当に頭が下がります。
被災地の方々の生活が一日でも早く平常に戻ることを、ただただ願います。

被災地の妊婦さんたちの不安も計り知れません。
どうか無事に元気な赤ちゃんが生まれ健やかに育ちますように。

先日某サイトで、神奈川在住の妊娠初期の女性が『余震・停電・放射線の心配があるので疎開したほうがいいでしょうか』という相談をしていました。
私も神奈川在住ですが、疎開は全く考えていなかったので少し驚きながらレスを読み進めていったところ、疎開できるならしたほうがいいという意見が結構ありました。もしかして妊娠初期に関東にいるのって危ないかな。

原子力発電所で定められた一般の方の線量限度は1ミリシーベルト/年ですが、それを超えても直ちに人体に影響しないレベルだと言っています。※但し妊婦さんは一般の方の1/20までに抑えた方がいいらしいそうです。

でもよく引き合いに出されるレントゲンは、年間の限度線量を遥かに下回っているけど、妊娠していたら基本的にやりませんよね。そう思うと特に妊婦さんは安心していい数値ではないのかな?と思ってしまいます。

放射線医学総合研究所
・東北地方太平洋沖地震に伴い発生した原子力発電所被害に関する放射能分野の基礎知識

・放射線と放射能/放射線の量と急性の放射線影響

今、福島の原子力発電所から30キロ圏内に避難・退避指示が出ていますが、他国で同レベルの放射能漏れがあった場合は80キロ圏内に避難・退避指示が出るとのことです。どうして国民を避難させないのかと他国では日本の情報開示に問題があることが報道されているそうです。なんだかもう何を信じていいのかわかりません。

今回の震災により、結婚式や卒業式等お祝い事の延期や中止が相次いでいるそうです。
私も今周期、胚盤胞を移植するかどうか迷っています。

年齢のことを考えると1周期でも早く移植したいけど、放射能のこと、自粛という点や、こんな不安定な中で妊娠するのは良くないのでは…とか色々考えています。

せめて計画停電と放射能と余震が落ち着いてから移植したほうがいいのかなぁ…と思ったのですが、今回の地震は大きかったので余震は半年続き、計画停電も秋まで続くという話もあります。

移植をあと半年待つと思うとちょっと気が遠くなってしまうので、やはり放射能の今後の状況を見つつ、いつ移植するかを夫と相談して決めようと思います。

**********
ヤフーボランティアでは、募金が12億円を超えてました!!ポイント募金できるので便利でおすすめです。
楽天もポイント募金できます。
フェリシモではメリー募金できます。

いつもどうもありがとうございます。
にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ
にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ


| ●自己紹介その他 | 08:54 | -|
【D15】子持ち気分体験
実家に帰省してきました。

甥っ子(もうすぐ5歳)が遊びにきていたんですけど、もう、もうほんっと可愛い!!

どこか行く度にチョコマカついてきてくれるし、「おねーちゃん」と呼んでくれるし。
母が「おばちゃんて呼びな!」と言っても、「やだ。おねーちゃんだもん。」だって
なかなか世渡り上手ですな。


夕方、母と買出しに行く時に甥っ子が「ぼくもお姉ちゃんと一緒にいく!!」と言うので、近くのスーパーに母・甥っ子と一緒に行きました。

スーパーに着くと甥っ子は、子供用の買い物カゴを持ってダーーーーっと走り出し、子供用の本売り場でピタリと止まりました。そして、これじゃない、これはイヤなどといいつつ子供向け雑誌?を吟味。これがまた長い長い

ようやく「これにするっ」と言って買い物カゴに入れたと思ったら、速攻でレジに走り出し、他にも買うからまだだよーと言うもレジのお姉さんに渡してしまったので、とりあえず本だけお会計。

お会計が終わると、甥っ子は本を胸に抱えて出口に向かって「かえるー」と走り出す

まだ食材を何も買ってないので、なんとかなだめて買い物することになったのですが、甥っ子は今度は大人用の買い物カゴを持って走り出し、そして手当たり次第、食材を入れ始めましたorz

「いらないよー」ーと買い物カゴを取り上げて食材を戻すも、次々とポイポイ放り込んでくるので、甥っ子の手の届かない位置で買い物カゴを持ちました。

すると今度は、キャーーーーーといいながらスーパーの中を全力疾走orz

・・・これ、スーパーでよく見かけるあれだ…親が放置してたりして危ないんだよ。

で、だめーーーと追いかけるとますます喜んで逃げまわる甥っ子。
母と私で手分けして探すも、早いんだこれが。すばしっこくて全然捕まらないorz

やっと捕まえても、目を離すとすぐにキャーーーと逃げていくorz

これは一体どうしたらいいんだ

と思っていたところ、他の買い物客の方が、甥っ子に向かって「シーッ!!」と言い、そしたら甥っ子がショボンとしておとなしくなったのでした。すごい。知らない人からの注意はこわいんだね。

その後も、いたずらしようとすると母が「そんなことしてると、あのおじちゃん(店員さん)に怒られるよ。」と言うとピタリと止まる。

よく、そういう叱り方は間違っていると言われてますが、大人しくさせるには効果てきめんのようです。これにはちょっと驚きました。

結局、食材を選ぶ余裕は全くなく、お惣菜やパンを甥っ子セレクトで買って帰りました。


いやー、しかし子供ってほんとパワフルなんだなぁ。
子供との買い物がこんなに大変だとは思わなかったわ。

でもいい体験ができたなぁ。
傍からみたら、甥っ子は私の子供に見えるよね?とウキウキできたし。


明日は採卵です。
甥っ子のように元気な卵ちゃんがやってきてくれますように。


にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ
にほんブログ村

| ●自己紹介その他 | 23:08 | comments(0)|
マンモ再び
去年末、初めてマンモグラフィ検査をしたのですが、乳張り期間のため激痛→号泣してリタイアしました

病院には、「次の生理が終わったら(乳が張る前に)来てくださいね。」と言われたけど、もうマンモやりたくない気持ちが大きいくて、いざ行こうと思いたっても、自分の中で「行かなくてもいい言い訳」が次々と浮かんできてしまい、何度も挫折。そしてあれから3ヶ月経過。

マンモのことはいっそのこと忘れてしまいたかったのですが、どうにも忘れきれず、先日意を決して行ってきました。

前置き長くてスイマセン

今回は生理8日目で行ったのですが、やはりすごく痛くて、でも前回とは痛みのレベルが違うかんじでなんとか大丈夫でした。乳を撮る先生には、「頑張ってください。ボクにはそれしか言えません。」と励まされつつ、無事泣かないで4枚撮ることができました。ちなみに前回は1枚撮れただけです。

つか、着替えて受付にいたらまた呼ばれて、ちゃんととれてないのでもう1回撮らせてくださいと言われた…

痛かったけど心のモヤモヤは取れたので、思い切って行っておいて良かったです
結果は来週の木曜日に出ます。



にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ
にほんブログ村

| ●自己紹介その他 | 17:49 | comments(7)|
| 1/3PAGES | >>